ページの本文

Hitachi

日立グループ韓国ポータル

韓国日立グループについて

日立は1962年に(旧)ソウル駐在員事務所を設立してから、50年にわたり韓国の社会発展にお役に立つべく事業を推進してまいりました。お陰様を持ちまして、2016年3月現在、15のグループ会社・駐在員事務所、約1,927名の従業員による韓国内の事業ネットワークを構築し、グループ年間売上高約1兆8,427億ウォンのビジネスを展開致しております。「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」という創業時からの企業理念に基づき、これからも韓国の産業・経済・社会・家庭のさらなる発展に寄与して参ります。

韓国における日立グループの事業は、現在概ね下記の4つのカテゴリーで構成されております。

  • 01電力プラント・鉄道システム・産業プラント制御システム等における親環境社会インフラ事業
  • 02高性能・高信頼のITプラットフォーム・基幹ソフトウェアとお客様の運用を熟知したシステムエンジニアリングによるITソリューション事業
  • 03高機能素材・部品およびデバイス製造システム事業
  • 04韓国の優れた製品・サービスを日本および世界の日立グループ開発・生産拠点に採用する国際調達事業

これら事業カテゴリーごとに有する日立グループの強みを有機的に融合・連携し、さらにマーケットに信頼戴ける韓国日立グループとなるよう、努力致しております。