ページの本文へ

KORAILのヌリロ導入事例 - 運行効果及びソリューション

KORAILの今後の目標


KORAILの今後の目標

KORAILの目標

張技術チーム長KORAILは、今後ともグリーン成長に足
並みを揃え、ヌリロのような環境配慮型電気動車(EMU)を継続的に導入していく予定です。このような流れとともに、KORAILは列車のメンテナンスを徹底的に行い、乗客が安全な旅を楽しめるよう常に努力していかなければなりません。そのため、新技術の導入だけではなく、それに伴う技術の習得を通じてメンテナンスの技術力をさらに高めていきます。

日立へのお願い

張技術チーム長今後とも日立よりヌリロのメンテナン
スのための補修品及び予備品が円滑に調逹できればと思います。また、その他のプロジェクトにおいても、日立のグローバル競争力に基づいた先進技術の交流をお願いします。

KORAIL餅店車両事業所の 張泰柱技術チーム長

KORAILについて

KORAILは1899年京仁(ギョンイン)線の開通以来、国家の大動脈である鉄道を通じて経済成長と地域発展に大きく寄与してきた韓国の代表的な公企業で、低炭素グリーン成長をリードする環境配慮型交通手段を目指しています。2020年まで鉄道を通じて全国の主要拠点都市を90分代で結び、全国土のバランスの取れた発展とともに、単一都市型経済圏を成すことに力を入れています。

株式会社日立製作所について

鉄道づくりのパイオニア日立製作所は、「より安全で、より快適な鉄道」の製造はもちろん、「より環境に配慮した鉄道」を制作するため、車両や駆動システムからITを基盤とする運行管理システムの開発に至るトータル·ソリューションを提供しています。

株式会社日立コリア

日立コリアは鉄道システムの営業·マーケティング·エンジニアリング·プロジェクトマネージメント·A/S及び電力プラントシステム·鉄鋼プラントシステムなどの営業·マーケティング、パワー半導体の営業·マーケティング、そして国際調逹業務に至る幅広い事業領域を通じて韓国社会のイノベーション及び発展に貢献しています。

お客さま:
KORAIL

事業分野:
交通

地域:
韓国

投稿日:
2013年2月22日

製品·サービス:
鉄道

ソリューション提供先:
株式会社日立製作所 交通システム社

言語変換:

Smart Cities From Hitachi