ページの本文へ

Hitachi

日立グループ韓国ポータル

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

2017年4月19日

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社

日立オムロンターミナルソリューションズが
韓国の紙幣処理機メーカー シーテックを買収

ATMから営業店・現金センターまで、金融機関における現金管理を効率化

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社(代表取締役社長:下條哲司/以下、日立オムロンターミナルソリューションズ)は、大韓民国の紙幣処理機メーカーである株式会社シーテック(代表理事:朴元祥 (パク ウォンサン)/以下、シーテック)を買収することで同社と合意し、このたび、株式譲渡契約を締結しました。両社は今後、本契約に基づき、2017年5月末までの買収完了に向けた手続きを進めます。
日立オムロンターミナルソリューションズは、今回の買収を通じて、シーテックの紙幣処理技術とグローバルな顧客基盤を獲得し、ATMを対象とした既存の現金管理ソリューションを営業店・現金センターなど金融機関のバックエンドまでカバーする広範な現金管理効率化ソリューションへ進化させるとともに、グローバル展開を加速します。

近年、新興国を中心とした経済発展に伴い、インドやASEANをはじめとしたさまざまな国において市場に流通する紙幣の量は増加しています。これにより、ATMから営業店、現金センターのそれぞれで発生する現金処理に関する業務量は、一段の増加が見込まれています。これら現金処理の管理・効率化は、各国の金融機関に共通する経営課題となっています。

シーテックは、高い紙幣処理技術を有し、金融機関の営業店や現金センターなどで利用される紙幣処理機の幅広いラインアップを持っており、また、欧州・アジア地域を中心とした世界100以上の国と地域に事業展開しています。一方、日立オムロンターミナルソリューションズは、高性能で信頼性の高い紙幣還流式ATMをアジアを中心に世界へ展開するとともに、現金装填・回収の最適化や警送ルートの最適化など、ATMとその周辺における現金管理ソリューションを提供しています。

今回の買収により、日立オムロンターミナルソリューションズは、ATMから営業店・現金センターまでのデータをIoT(Internet of Things)などの先進技術を活用してつなぎ、金融機関のフロントからバックエンドに至る現金処理業務の効率化と運用コスト削減をサポートする現金管理効率化ソリューションを実現し、そのグローバル展開を加速していきます。

日立オムロンターミナルソリューションズ 代表取締役社長 下條哲司のコメント

このたび、シーテックを当社のグループに迎えられることになり、とても嬉しく思います。シーテックは優れた紙幣処理技術やグローバルな顧客基盤を生かしてスピード感を持った事業運営を行っており、今後、両社がシナジーを発揮することで、フロントからバックエンドまでの現金管理効率化ソリューションを展開し、グローバル事業を強化していきます。

シーテック 代表理事 朴元祥のコメント

シーテックは、金融機関のバックエンド向けの製品ラインアップを有しており、世界での数多くの導入実績と紙幣処理技術と開発力によって、日立オムロンターミナルソリューションズグループの一員としてグローバル事業の拡大に貢献できることを大変嬉しく思っています。さらに、従業員やマネジメントチームの成長につながることを大いに期待しています。

シーテックの概要

商号 株式会社シーテック(英文表記:SEETECH Co., Ltd.)
事業内容 紙幣計数器、識別機、ソータの開発・製造・販売、関連ソフト・サービス
所在地 大韓民国 京畿道華城市
代表者 代表理事 朴元祥
設立時期 1999年
資本金 28億ウォン(2017年3月時点)
従業員数 約120名(2017年3月時点)

本件に関するお問い合わせ先

報道関係お問い合わせ先

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社 経営企画室 経営企画部 [担当:二木、大畑]
〒141-8576 東京都品川区大崎一丁目6番3号 大崎ニューシティ3号館
TEL:03-5719-6009(ダイヤルイン)

- 以上 -